近畿圏と東京を中⼼に外国⼈雇⽤と⼊管・在留資格の申請をサポート

0120-897-401

ご相談はお気軽に… [受付 ] 平日9:00-19:00

お問い合わせ

東京オフィス 奈良オフィス 奈良中南和オフィス ⼤阪オフィス

会社設立、経営・管理ビザ(日本で事業を行いたい外国人の方へ) 一覧

「経営・管理」の在留資格を取得するための手続きと留意点

今後日本では外国人受け入れが緩和され、事業を営む外国人が増加することが予想されています。発展途上国やアジア諸国では、多くの人々が日本で就労することを希望しています。 今回ご紹介する「経営・管理ビザ(在留資格)」は、代表取締役・取締役・部長・支店長など、事業の経営・管理業務に従事することを希望する外国人のためのビザです。 「経営・管理」の在留資格に関する注意点 外国人が「経営・ 続きを読む

「企業内転勤」の在留資格とは

日本に、本店・支店・その他事業所のある外国企業の従業員が日本に転勤し「技術・人文知識・国際」に関する業務に一定の期間従事する場合の在留資格です。 対象となる企業には、民間企業のみならず、公社・公団、さらに外国の政府機関や外国の地方公共団体も含まれます。ただし、外国の政府機関における「外交」「公用」の在留資格に当該する場合は、これらの在留資格で申請することになります。 企業内転勤が認められる 続きを読む

海外の本店・支店から外国人従業員を呼び寄せる

外国人が日本で就労するためには、必ず就労可能な在留資格を取得する必要があります。 永住権等の活動範囲に制限がない在留資格を外国人従業員が有していれば問題ありませんが、多くの場合は就労ビザと呼ばれる就労可能な在留資格の取得が必要となります。 また、それぞれの在留資格には活動範囲が定められているため、就労予定の業務内容が在留資格に適合している必要もあります。 こちらの記事では、海外の 続きを読む

外国企業の日本法人設立

外国企業が日本に法人を設立して事業進出を行うケースが近年増加しております。 日本進出のメリットには「先進国の日本にはないサービスを提供し、それを足掛けに世界展開を目指す」「超高齢化社会に突入している日本では医薬品業界が参入しやすい」「観光業界においても、観日本は観光資源が多く独自の文化が確立している」「日本人は勤勉であり、ビジネスパートナーとして信用できる」「ビジネスを行う上での法整備が整っ 続きを読む

営業許可を取得する

日本で事業を行う際には、適切な在留資格を取得した上で、法人設立(個人事業主)や営業許可取得を行わなくてはなりません。 業種によっては、営業許可を必要としないものもありますので、事前に希望する事業が営業許可を必要とするかどうかを確認しておくとスムーズです。 営業許可が必要な主な業種 営業許可が必要な主な業種には、「飲食業」「宿泊業」「理容・美容店」「酒店・水商売」「旅行業」「人 続きを読む

会社設立や事業に必要な許認可を取得する

会社設立や事業に必要な許認可を取得する 労働人口が減少している日本では、外国人労働者受け入れの必要性が高まりつつありますが、現状は日本で就労を希望する外国人には一定の経歴・学歴・スキルが求められますので、誰もが気軽に日本で働けるというわけではありません。 日本で会社を設立し取締役等として会社の経営を行うためには、前提として就労可能な在留資格(就労ビザ)である、「経営・管理」の在留資 続きを読む

日本で事業を始める

今後日本では外国人受け入れが緩和され、事業を営む外国人が増加することが予想されています。 発展途上国やアジア諸国では、多くの人々が日本で就労することを希望しています。 外国人が日本で就労するためには、就労ビザ(在留資格の中で就労が認められているもの)を取得しなくてはなりません。加えて外国人就労希望者のスキルや経歴が、各在留資格に適合することが前提条件となります。 今回ご紹介する「経営 続きを読む